セックスするにあたって気をつけるべき事項とやってはいけない行い

男なら誰もが性交中に抱いた女を気絶するほど悦ばせて、気持ちいい情事をプレゼントしたいという気持ちを持っているだろう。
でもはじめに女性とセックスをするにおける配慮すべき事と女性に嫌われちゃうことを教えることにします。

情事をするにおいて気をつけてもらいたいのが、セックスの最中にやってはいけないことは指マンで膣内をする時にガシガシと膣内を責めると膣壁をキズつけ痛いと言われるので、本当にやめてください☆
ゆっくりと丁寧に手マンされることのほうが女性にとっては本当は気持ちいいのです。

デリヘル嬢でさえたっぷり逝かせまくる性交渉の方法をものにしても、相手によって気持よくないということもあるので、女の身体的反応や表情をしっかりと見ておきあの手この手とワザを変えその状況や女性によってあなたの使用するセックステクを選択していくする観察力も重要です。
当たり前のことながらはじめから全力で腰を振ると痛いと感じる女性も少なくないので、ペニスの長い男性は注意を払ってください。

アナルプレイをするときは、男性器の太さや尻の穴のサイズによってどんなに肛門をゆるめてもアナルセックスが出来ないということもあるので、そうなったら男らしく諦めるのもパートナーへの愛情になる。

さらに、潮吹きについても、潮を噴かせられない時は男らしく諦めることも愛を確かめ合う行為において大事なことであります☆

たいへん大事なコトは、ゴム無し挿入をやりたい思いは男子であればきっとあるでしょうが、ゴム無しで挿入すると女性の身になって考えればそのまま中出しをされ望まぬ妊娠をする不安を抱えて理性を壊して性行為を楽しめなくなりうるので、絶対に相手を気持よくさせたいなら愛する形の意味でも生ハメの欲求を抑えて避妊具を装着してセックスに挑むようにしよう。
男性側が射精してスッキリするだけの性欲処理を目的としたエッチじゃなく、パートナーをしっかりオーガズムを感じさせてやり心はもちろん身体の底から満足させてやることが可能な性行為が手本にべきセックスなのです。

性交渉するにおいて注意を払うべき事と絶対にダメな行いを理解し、その上でセックスの技法を学ぶことでたとえ貴方が包茎であっても、間違いなく女を乱れさせセックスで逝かせるテクニシャンへと進化しますのでファイトあるのみです。